「ネットゼロ」の気候目標?詳細の閲覧

地球が住めない温室になるのを防ぐための世界的な取り組みは、「ネットゼロ」熱の危機に瀕しています。

国連によると、英国、日本、韓国などの主要な温室効果ガス排出国を含め、110カ国以上が世紀半ばまでにカーボンニュートラルになることを約束しています。

欧州連合は、次期米国大統領ジョー・バイデンと同様に誓約を取りました

すべての炭素汚染の4分の1を発生させる中国は、2060年を、エネルギー、農業、または産業からの残りの排出量を、大気からCO2を吸収する樹木農場または実験技術によって相殺しなければならない年として設定しました。

国連の推定によると、現在、世界のCO2排出量の65%以上がこのような公約に該当しています

ロンドンに本拠を置くEnergy&Climate Intelligence Unitは、2050年の正味ゼロ目標を持つ国、都市、州の総GDPを46兆ドルと計算しており、これは世界のGDPの半分をはるかに超えています。

「2021年は新しい種類のうるう年、つまりカーボンニュートラルに向けた飛躍的な年になると確信している」と国連のアントニオ・グテーレス国連首相は先週ニューヨークで述べた。

「すべての国、都市、金融機関、企業は、2050年までに正味ゼロ排出量に移行する計画を採用する必要があります。」

-‘詳細な悪魔’-

しかし、何が約束されていますか?

そして、それは、地球温暖化を産業革命前のレベルよりも摂氏2度上、さらには条約の野心的な1.5℃の上限の下で制限するというパリ協定の目標を達成するでしょうか。

「多くの場合、ネットゼロの誓約は改善ですが、他の場合、「ネット」条項はあらゆる種類の問題を隠すことができるブラックボックスです」とランカスター大学の環境センターのダンカンマクラーレン教授はAFPに語った。

地球の表面はすでに平均1.2℃暖まっており、異常気象はより致命的であり、新しい研究によると、2019年のレベルの炭素汚染に戻ると、2030年頃に世界が1.5℃のマイルストーンを超える可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です